【ダグラスラボラトリーズ】GMPを準拠!世界No.1の高品質サプリメント!無添加、100%天然成分、原材料無農薬、低温製造、栄養素高含有と、栄養療法に最も適したサプリです。 


「薬でただ症状を抑えているだけ・・・」とうつ病治療に疑問を感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

 

事実、私自身もそうでした。

SSRIやSNRI、DNRIといった抗うつ剤は、脳神経のレセプターに 「ふた」をし、「 見せ掛けの働き 」によってセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった脳内物質を補う働きになっていることをご存知の方も多いと思いますが、
例えるなら、風邪をひいた時の咳止め薬、血圧を下げるために飲む降圧薬などと同じで、病の原因を根本から治すわけではなく、症状を抑えるだけの「対処療法」でしかなく、うつ病の治療が長期化したり、薬に頼って生活している人が多いことの原因と言えるかと思います。→ 抗うつ薬の働き 

 
そのような現在の対処療法的なうつ病治療に比べて、筆者が調べた限り、効果的な治療は「栄養療法」と「生活習慣の改善」です。

 

 

 

その有効性を説明する前に、まずは、「うつ病の本当のメカニズム」についてご説明したいと思います。

現在、うつ病の原因は、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといった脳内物質(=神経伝達物質)の不足により引き起こされている(※「モノアミン仮説」と言います)と言われていますが、しかしながら、最新の研究によって、脳自体に大きな問題が起こっていることが分かってきました。

1つは「 脳細胞の死滅(=脳の萎縮 )」です。
元東北大学名誉教授の松澤大樹医師は、PETという脳の血流を調べる機械によって、「うつ病により海馬や扁桃体周辺の脳細胞が萎縮・死滅している」と指摘しています。 ⇒ 『 目で見る脳とこころ 』

 

 

 

下の図は、松澤医師がPETで撮影した「脳にキズ」です(赤い矢印の部分)。

 

うつ病克服マニュアル 

「海馬」は、記憶を司り、扁桃体は怖いとか不安であるとか、怒りや喜びなど原始的でシンプルな感情を司っているので、うつ病によって記憶力が低下するのは、海馬の委縮が原因であり、また、うつ病によって感情がコントロールできなくなるのは、扁桃体の委縮が原因である可能性があります。

海馬や扁桃体といった脳の部位が委縮する原因
については、加齢に伴う痴呆について説明されたこちらのサイトを以下の通り引用します。
 

 

<引用> 「(省略) 血中コルチゾールが慢性的に漸増する場合には、その作用が空間認知や学習能を担う海馬および神経変性や細胞死さえ促すことが知られている。」<引用終わり>

コルチゾールとは、副腎から分泌されるホルモンで、血糖値をコントロールするといった働きをもっており、本来体に必要なホルモンなのですが、加齢以外でも、ストレスによって過剰に分泌されることが分かっており、うつ病による脳細胞の委縮には、このコルチゾールが深く関わっています。→ コルチゾール(Wikipedia)

 

また、うつ病の脳では血流の異常も起こっています。

 

具体的には、「 脳の活動(=血流)のアンバランス 」で、


臨床神経科学者であるダニエル・エイメン博士によれば、「うつ病の脳では、深部辺縁系や前帯状回、基底核では、活動過多=過剰になっている反面、前頭葉皮質の部位では、活動が低下してしまっている。」と指摘しており、松澤医師と同じ様に、SPECTという装置を用いて、うつ病患者の脳を可視的に観察したところ、そのことを突き止めました。→エイメン医師の著書『 脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み 』 


一般的には、
うつ病になると脳の血流が悪くなっている、脳の活動が低下しているなどとイメージされるかもしれませんが、実は、血流が低下している脳の部位がある一方、血流量が多く、脳の活動が過剰となっている部位があるということです。

 

最近では、光ポトグラフィーという装置で、同じ様に脳の血流を測定し、うつ病を診断しようとする試みも始まっていますが、うつ病の脳では、脳の活動がアンバランスになっていて、脳をうまくコントロールできていないという状態が発生しているということが次第に分かってきました。 SPECTによる診断について

 

 

 

このように、
  ・セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった脳内物質の低下
  ・海馬や扁桃体の脳細胞の死滅と萎縮、
  ・脳の活動(血流)のアンバランス
という脳の問題がうつ病には起こっています。

 

 

 

 

 

うつ病の脳では、様々な脳内物質の分泌異常が生じたり、海馬や扁桃体の辺りの脳細胞が萎縮・死滅したり、脳の中に活動が過剰になったり低下している部位があるわけですが、なぜこのうような問題が発生してしまうのでしょうか?

先天的な理由もあるかもしれませんが、やはり「ストレス」が最も大きな原因です。

イジメやトラウマ、虐待、仕事や育児の悩み、家庭内の不和、親との軋轢など、慢性的に強いストレスを受け続けると、まず、感情を司る「 扁桃体 」が刺激され、そして、その刺激が慢性化し、扁桃体から出る脳の指令に異変が次に起こります。

 


脳からの指令に異常が生じると、ホルモンバランス、自律神経といった体の正常な機能(恒常性機能)に乱れが生じ、結果、上記のような脳の中の異常が起こって、うつ病を発症する、といった経緯を辿るわけです。

つまり、ストレスによって扁桃体の興奮から始まった異常な指令が、体に備わる様々な機能を乱し、脳を狂わせ、結果、うつ病になると言えます。


しかし、脳内の異常を起こす原因は「ストレス」だけではありません。ストレスは大きな要因ですが、それ以外にも正常な脳や体の機能を狂わせ、うつ病を引き起こす原因が生活の中に潜んでいます。

それは次のようなものです。

 

 

 

①食生活の乱れにおる栄養欠乏→ 参照  

 

②ストレスによる栄養欠乏→ 参照

 

③不規則な生活による自律神経の乱れ参照

 

④不規則な生活による睡眠リズム(=体内時計)の乱れ→ 参照

 

④低血糖症(砂糖の取りすぎで起こる病気)→ 参照

 

 

 

偏った食生活、レトルト、コンビニ飯などの乱れた食事は、栄養不足や栄養欠損を引き起こし、セロトニンなどの脳内物質の合成がきなくなります。セロトニンやドーパミンなどの脳内物質の生成が少なくなれば、イライラや不安が募ったり、ストレスへの抵抗が弱くなり、鬱々とした気分が生まれ、それが慢性化すればうつ病になるわけです。

 


また、ビタミンやミネラルそれ自体が欠乏してしまっても、脳内物質の不足と同じ様に、精神的にイライラしたり、鬱々としたりする気分を引き起こします。社会生活の中ですでにストレス過多であれば、そんなときに食生活が乱れていると、うつ病を発症しやすくなります。摂取する栄養素は、精神活動に強く作用しており、栄養不足は精神の不安定さにつながるのです。

また、社会生活の中で、「慢性的なストレス」を感じていると、ビタミンやミネラル自体を大量に消失させることが分かっています。ひどく驚いたりするだけ大量のビタミンを消費するのですが、学業や仕事のプレッシャー、人間関係のトラブルやストレスなどにより、栄養素を大量に消費するわけです。

 

そのことを示す良い動画ありますので、以下をご参照ください。

 

 

 

 

「わたしは食事はバランス良く食べてるよ!」という人でも、慢性的、かつ、多大なストレスを感じていると、栄養不足の状態を作り出している可能性が十分にあります。また、食品自体の栄養価がどんどんと減っているので、バランスの良い食事を摂っていたとしても、現代のストレス社会の中では、うつ病につながるような「栄養欠損」を起こている可能性があると言えます。

さらに、昼夜逆転のような生活を続けていると、これも、うつ病の原因になります。人間は、朝日を浴び、適切な時間に食事を取る事で体=脳が朝であるとか、夜であるということを認識し、セロトニンやメラトニン(セロトニンの前駆体)が分泌されます。

しかし、それが狂ってしまう睡眠リズムは、脳内物質をはじめとするホルモンバランスの乱れに繋がるので、結果的にうつ病の原因になります。

 

 

 

睡眠リズムを甘く見てはいけません。東洋医学の考えでも、時間ごとに働く臓器は異なり、時間が夜になれば寝ることが健康の第一と考えられています。同じ8時間寝ても、適切な時間に寝ることが大事なのです。→参照

 

 

 

ストレス過多で、栄養不足の人が、睡眠リズムまでくるっていたら、どうなるでしょうか?もちろんすべての人ではないですが、うつ病を発症してしまう人が増えるのは想像に難くないでしょう。

 


 

 


低血糖症=砂糖や炭水化物の摂りすぎ

「 低血糖症 」と呼ばれるうつ病の要因があり、このことをよく解説している動画がありますのでご紹介します。

 

 

 

 

甘いものを食べると急激に( 一時的に )血糖値が上昇し、その後、血糖値を下げるため大量のインスリンが分泌され、この時、低血糖症の体質のひとは、血糖値が急落しすぎて「低血糖」という状態を作り出します。
 

 

低血糖状態になれば無気力や気分の落ち込みを引き起こし、また、低血糖の状態に至るまでの間に血糖値が、上がったり下がったりと、血糖値の乱高下が起ることで、自律神経や脳内物質は乱れ、うつ状態に陥りやすくなるのです。

 

栄養療法について

 

 

現在人の食生活で、ビタミンやミネラルを十分に摂取できている、必要摂取量に達しているということはまず有り得ません。特に、鉄やカルシウム、銅、葉酸などのミネラルを中心とした微量栄養素は、十分に食事から摂るには、相当な量と品目の野菜や海草類を取らなくてはなりません。

 

また、ストレスを感じると、ビタミンCやビタミンB群などの水溶性ビタミンは、体から大量に排出されてしまい、ストレス社会においては、栄養素の欠乏は起こりやすい状況と言えます。

 

さらには、現代の野菜は、同じ田畑で農作しているため、土地が痩せ、20年前、30年前の野菜に比べて、栄養価が 極端に落ちてしまっています。

 

このような背景がうつ病の原因の1つと言えます。

 


うつ病の治療で重要なことは、
 
①『 心の問題=慢性的ストレスに対するケア』
 ⇒ 認知療法などによる慢性的なストレスへの対処


②『 脳と体の機能を回復させるケア 』⇒栄養素の摂取、脳細胞の再生、低血糖症の対応や、睡眠リズムなど生活習慣の改善


です。

精神的なストレスな除去と、脳と体のバランスを整えるという2つの面についてのケアが治療には必要不可欠です。

 

精神面のケアについてはカウンセラーや認知療法に譲るとして、このサイトでは脳と体に対する物質的ケアの方法について様々な角度からご説明していきたいと思います。

 

サプリメントや食事から栄養素をしっかりと摂取し、また、うつ病につながりやすい生活習慣を見直すことで、脳のダメージを止めて回復させ、そして、本来、体に備わっている、脳内物質、その他ホルモンバランス、自律神経といった恒常性を安定させることをうつ病の克服を目指します。

うつ病患者の栄養欠損を疑い、栄養を補うという上記の治療方針は、「 栄養療法 」と呼ばれる新しい治療法で、ノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士が提唱し、後に、エイブラム・ホッファー博士が継いだ、「 分子整合医学 」という考えに基づいていますが(参照、生活習慣の見直しについては、この栄養療法という新しい治療法に、さらに筆者の経験や当ブログへのご相談を受けてきた中で効果のあると思われる手法を加えています。

脳と心は表裏一体です。
うつ病克服マニュアル

おそらく、この治療法によって、早くて3ヶ月から半年、遅くとも1年の間に、状態は必ず改善されるでしょう。


ただし、このブログは決して薬物療法を否定するものではありません。薬も1つの治療法として用いれば、大変、有効です。しかし、薬だけに頼る治療ではなく、このブログの手法を組み合わせて、段階的に薬を外し、身体を総合的に回復させることによって、うつ病の克服を目指せると思います。

 

【メール】

y.y.12@outルック(ルックを英語にしてください).jp 【※迷惑メール回避のため】

 

 

 

 

コメント: 0

【 TWITTER 】